fc2ブログ

アクセスありがとうございます☆

プロフィール

yokokango2012

Author:yokokango2012
横須賀市立看護専門学校の運営を
委託されている横須賀市医師会が
このブログを運営しています。

学生生活の様子や様々なお知らせを
更新していきます。
よろしくお願いします。

twitter
 ⇒ https://twitter.com/#!/yokokango2012

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

成人看護学実習Ⅰ

こんにちは!2年のブログ係です
私たち2年生は、1月末から約3週間、成人看護学実習Ⅰ(慢性期・回復期)に行って来ました。
今回の実習は、病棟での初めての領域別実習であるとともに、
2年生の締めくくりとなる実習であり、クラスが一丸となって緊張感を持って臨みました。
しかし、実習中は2度も大雪にみまわれ、電車は遅れ、道路は大渋滞…><
実習に遅刻してしまう学生もいましたが、怪我もなく、なんとか無事終えることができました☆

さて、今回の実習の対象となっている慢性期・回復期にある患者さんとは、
疾病が急性期を脱し、病状が安定した時期にあることが特徴です。
そのため、入院中から自宅での生活を意識し、日常生活を送ったり、リハビリをしたりして過ごすことが大切になります。
それを念頭に置きながら、患者さんの不安に寄り添い、回復意欲を支えると共に、患者さんの持つ力を引き出す援助を行い、退院の際は退院指導なども実施させていただくことがでました。

実際に成人期の患者さんを受け持つことができた学生は少なかったものの、
その患者さんにとって最もよい個別性のある看護を提供するため、
学生一人ひとりはもちろん、グループメンバーと協力し、知恵を出し合って一生懸命頑張りました。

病棟実習を終え、翌日のクラス全体のカンファレンス。
ここでも私たち2年生の力が大いに発揮されることとなりました!
私たちのクラス目標は「誰もが意見を言いやすい雰囲気作り」なのですが、
その目標のおかげか、私たち2年生は非常に意見交換の活発な学年であることが自慢です☆
それぞれの学生の実践してきた看護、学び、形成した看護観に対し、
多くの質問、意見が飛び交い、質疑応答の時間が全く足りないほどでした^^;

気づけば今年度も残り1ヶ月となりました。今回の実習で得た学びや看護観を
これから始まる学生最後の1年でさらに深めていきたいと思います。
スポンサーサイト



<< 卒業直前看護技術演習 | ホーム | 第103回看護師国家試験 >>


コメント

クラスの目標、素晴らしいですね☆意見や質問をいうには自分の考えをもって、それを他者にも伝わるようにまとめ、声に出すという勇気も必要です。臨床に出ても求められる力ですから、続けていってほしいと思います。

実習お疲れさまでした。雪で大変な日もありましたが、学びの多い実習ができたようで受ける側も大変うれしく思います。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
2年生の成人看護学実習Ⅰは、基礎の実習を終えてはじめての領域実習でした。
困難さを感じても、患者の個別性が見えてそれに合わせた看護が実践できたのなら、まずはOKだと思います。
今後も学校として学習支援を継続していきます。
ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム