FC2ブログ

アクセスありがとうございます☆

プロフィール

yokokango2012

Author:yokokango2012
横須賀市立看護専門学校の運営を
委託されている横須賀市医師会が
このブログを運営しています。

学生生活の様子や様々なお知らせを
更新していきます。
よろしくお願いします。

twitter
 ⇒ https://twitter.com/#!/yokokango2012

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ハロウィンパーティー

☆*:;;:*★Happy Halloween★*:;;:*☆
自治会主催のハロウィンパーティーが開催されました。
H.png


自治会メンバー、参加者、先生方はカチューシャやマスクなどで仮装をして参加していました。
C.jpg
B.png
A.png
D.png

1、2年生合同のグループで校舎内を回り、スタンプラリーをしながら合言葉を唱えてお菓子をもらうという内容でした。
G.png

2年生と交流する機会はあまりなかったため、とても楽しく過ごすことができました。
新型コロナウイルスの影響でイベントなどのレクリエーションができない状況ではありますが、このような楽しみがあると学校生活をより楽しめるということを再確認することができました。
E.png
F.jpg

ブログ担当学生
スポンサーサイト



夏季休暇に向けて

1年生は入学後4.5月は自宅学習をしていましたが、6月から登校を開始し2ヶ月が経ちました。

 学校生活にようやく慣れてきました。HRの時間に学年目標と個人の目標を決め教室内に掲示しました。
  学年目標の”切磋琢磨”ではお互いを高め合い、学習の質の向上を図る目的で決めました。
 チームワークの大切さはもちろん、ミスに気づき合うことで学習の向上に繋がり、実技では個人での努力のみでは届かない面もあるため、協力し支え合う事の重要さを痛感したためです。
 個々の目標ではこの1年で何を学びたいか、この1年をどう過ごしたいかなど考えました。

image0.jpeg



 これから夏季休暇に入りますが、課題はもちろんのこと計画的に自己学習や実技練習を行い夏季休暇明けにはレベルアップして実習に取り組みたいです。


ブログ係担当学生

七夕

7月7日、学校のラウンジに笹を設置しました。生徒は思い思いの願いを短冊に書いていました。
七夕

新型コロナウイルスの影響でほとんどの行事がなくなっている中でささやかですが生徒の私達はもちろん先生方も短冊に願いを書いていただきました。
新型コロナウイルスの早期終息を願うばかりです。


ブログ係担当学生

新型コロナに負けないように、頑張っています

 桜も散り、暖かい日が少しずつ増えてきました。

 新型コロナウイルスの非常事態宣言に合わせ、当校では、1,2学年は5月を休校とし、自宅での課題学習を進めてもらっています。

 3学年は、病院実習が困難なため、学内実習に切り替えて5月より開始しています。最小限の登校となるように、実習日程を各領域で調整し、自宅での学習時間も多数取り入れています。
 登校日には、笑顔で登校している姿を見ることができ、教員一同うれしく思っています。

 先日は、『臨床看護の実践』 の授業で、久しぶりのナース服を着て看護ケアを行いました。誰一人休まず、登校していました。
 3密を避けるため、午前午後に分けた演習になりましたが、良い学びの機会となっていました。

   「陰部洗浄の説明シーン」
5月③

   「更衣の介助をするシーン」
5月②

*援助にかかわる看護師役、患者役の学生はゴーグルを着用しての援助です*

    「全体討議のシーン」
5月①



 神奈川県は現在も非常事態宣言を継続していますが、いつでも学校が再開できるように準備を進めるとともに、感染対策に尽力している次第です。

 事態が収束し、学生が安心して登校できるように、教員一同頑張っていきます。

 皆様も、身体に気を付けてくださいね。



  ブログ担当教員

3年生 領域別臨地実習報告

3年ブログ係です!
 後期に入り9月に5クール目の実習が終わりました!今回は、在宅看護論実習を行った5グループと、成人看護学(終末期)実習を行った6グループから実習の感想をいただきました!

【5G  在宅看護論実習】
 在宅看護論実習を通して、療養している人(患者)だけではなく、家族を含めて捉えていくことの大切さや、医療の視点だけでなく生活者としても観ていくことの大切さを学びました。また、外来実習を通してでは、入院したその日から対象の今後の生活も考えて介入していくことや他職種と連携して、対象を観ていくことが重要であることを学びました。

【6G 成人看護論実習(終末期)】
 病院・施設であれご自宅であれ、患者にとっては生活の場であり、一人一人が大切な存在であり、その人がその人らしくいられるよう、患者の状態に合わせたケアの提供が必要であると学ぶことが出来ました。
また、終末期看護における看護師の役割として、最期のときをご家族と過ごせるように最善を尽くすという重要な役割を担っていることがわかりました。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ